コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

舞台ダンガンロンパ

ちょうど先日ダンガンロンパの舞台版というのを見に行ってきました。
ぶっちゃけ半ばノリでした。


結論から言うとめっちゃ面白い。
ゲーム版の100%にアニメ版の100%があるように、3時間というアホみたいに短い時間の中での100%がそこにありました。


以下、簡単に感想です。
基本舞台の決定的なネタバレはないですが、ゲーム版クリアを前提にしてます。念のため。















舞台化が決定した時と言えばTLは阿鼻叫喚(間違ってはいない)でしたし、
「最初から霧切さんがカップメンをかぶってないと間に合わない」
なんて言っている人もいました。ちょっと笑った。
かく言う私も実感がわかずに当日になって、席に座るまでなんだか浮いた気分でした。
ですが、舞台が明るくなって、その下に本郷さん扮する苗木がいた時。


舞園さんが、桑田が、不二咲さんが、山田が、石丸が出てきた時。


そして体育館に超高校級の面々がそろい踏みしてダンガンロンパのテーマが流れ出した時…。


もう魅入っていました。だってすごいんだもん。



役者さんの演技はどの方も目を引くものがありましたが、特に葉隠・山田・腐川さんの再現度にはただただ目を見張るばかりでした…。


葉隠はダブルキャストで、私の観た回はノンスタイルの石田さんが演じていましたが、これがすごくハマる。他のどのメディアと比べても全く違わぬ葉隠っぷりでした。(もちろん褒めてるんですよ!?)


山田はそもそも脚本が上手かった!結構あからさまなネタをぶっこんできても、超高校級の同人作家のセリフだと思えば納得できるものばかり…。役者さんの思い切り加減もマッチして、あの日会場に一番笑いを巻き起こしたのは山田だったのではないでしょうか?


腐川さんはある種ジェノサイダーとの兼役とも言える特殊な役(まあこの後5つくらいキャラをとっかえひっかえするヤツが出てくるが…)でしたが、その切り替えが完璧でした!ジェノサイダー、まんますぎです。



それとビックリしたのがモノクマダンサーズというモノクマパーカー姿の女性ダンサーの方々。
時に黒子や被害者・加害者の再現役としても場を助けていた彼女たちですけれど、やっぱり一番はダンス!
おなじみのロンパのBGMに合わせて踊るモノクマたちは、花を添えるように舞台を盛り上げていました。名のある役ではありませんでしたが、ひょっとすると一番注目していたかも?





正直、ダンガンロンパはゲームが一番です。
ですが、舞台だからこそできたこと、感じられたものもありました。
本当ですよ!もう一度観に行ってもいいくらいです!完売したけどね!(おめでとうございます)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

衣無地

Author:衣無地
備忘録も兼ねて今一度復活。
狭く深く子供向けばっかり首突っ込んでる大人気ないオタクです。
ツイッターは露骨に腐っています。閲覧注意。

ついった
TweetsWind
ジャンル
足跡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。